特Pを導入する方法は?駐車場を貸出方法を解説してみた!

駐車場の稼働率が上がったらなぁ
空いている土地で何かできないかなぁ
もう少し、お小遣いが増えたらなぁ

このようなことを思っている方いませんか?

シェア駐車場予約サービスは土地活用の中でも
「簡単」に始める事ができて
「費用」も0円で
「すぐ」開始できる
仕組み(アプリ)があります。

もちろん、やめたい時はご自身で自由に決める事ができます。
やってみて、自分には合わないと思えばいつでもやめられます。

この記事では、特P(とくぴー)についてお伝えいたします。
駐車場経営を検討されている方にご覧いただきたい内容となっています。

この記事の主な目的は、
・サラリーマンや主婦の方がお小遣いを稼ぐため
・駐車場の稼働率向上による収益アップをするため
・地主の方が、土地や不動産の活用による収入アップをするため

この記事の主な対象者は
・自宅の駐車場が空いている方
・月極駐車場のオーナー様
・所有地に空きスペースがある方

特P(とくぴー)とは

特P(とくぴー)とは、株式会社アース・カーが運営している駐車場シェアリングサービスです。
「駐車場を利用したい人」と「駐車場を提供したい人」を繋ぐマッチングサービスになります。
カーシェアや民泊の駐車場版というわけです。

特P(とくぴー)とは、日本最大級の駐車場予約サイトです。
スマホやパソコンから、全国の駐車場の検索と事前予約がスマートにできるサービスです。

特P(とくぴー)は空いている駐車スペースをネット上で貸出・収益化できるシェアサービスです。
地域のニーズや都合に合わせて時間貸しでも月極でも貸し出しできるのは特P(とくぴー)だけです。

2017年9月21日に誕生した特P(とくぴー)は、今や日本最大級の駐車場シェアリングサービスに成長しており、駐車場保有データは10万件以上となっています。
サービスは都市部だけでなく、地方にも拡大しつつあります。
大都市圏の方だけでなく地方在住者も、空いた土地を活用して手軽に小遣い稼ぎができます。

特P(とくぴー)では空いた土地を駐車スペースとして時間貸しして、収入を得ることができます。
バイク1台分の土地からOKなので、有効な土地活用として注目されています。

特P(とくぴー)の特徴とメリットは

簡単にで空きスペースを貸出可能

普段使っていない空き地などを駐車場にしたいと考えている方がいるかもしれません。
不動産会社に駐車場利用者を探してもらうとなると、時間もお金もかかってしまうのが普通です。
特P(とくぴー)なら、ホームページから情報を登録して写真をアップロードするだけで、空いている土地を駐車場として貸し出せます。
例えば、コインパーキングの経営をする場合であれば通常は初期費用100万円以上必要となります。
「とりあえず駐車場経営してみよう」ができるのがメリットです。

初期費用や月額利用料が無料!(0円)

特P(とくぴー)は設備投資費用などのお金は一切かかりません。
ネット上で手続きするだけで簡単にお小遣い稼ぎができるのがメリットです。
解約時の違約金もかからないため、気軽に始められるのもメリットです。

業界最安値の手数料

特P(とくぴー)は、実際に貸し出しで得た収益の30%(全国一律)を手数料として支払う必要があります。
ほかの駐車場シェアサービスでは手数料が50%というケースもあります。
特P(とくぴー)の手数料の安さは大きな魅力です。

駐車場運営の手間がかからない

「駐車場を貸し出すためには、利用者とのコミュニケーションやトラブル対応が必要?」と不安になる方もいるでしょう。
特P(とくぴー)なら、利用者の対応はコールセンターがすべて引き受けてくれるため、運営の手間がかかりません。
会員からの利用方法等の問い合わせや万が一の事故・トラブル時も特Pの24時間年中無休のコールセンターが対応します。

狭小スペースでも貸し出しが可能

「使っていないすごく狭いスペースならあるけど、狭すぎると登録できない?」と不安に感じている方も安心してください。
特P(とくぴー)はバイク駐車場も取り扱っているため、狭小スペースにも需要があります。
例えば、車1台分の空きはなくてもバイク1台分のスペースはあるという方は多いのではないでしょうか。
そんな空きスペースがお金を生み出すようになるというのは魅力ですね。

1日単位やコマごとに貸し出しができる

「全く使わないわけではないが、一部の時間帯なら空いているスペースがある」という方も多いのではないでしょうか。
特P(とくぴー)は1日単位や、コマ単位の貸し出しができるので、空きスペースを柔軟に活用して収益化を目指せます。

自分の好きな時間帯だけ貸出可能

特P(とくぴー)は駐車場が空いている時間帯だけ貸し出せます。
例えば、「平日だけ」「昼間だけ」「イベント日だけ」など駐車場の空き状況にあわせ、手軽に貸し出しできます。

募集・契約・決済まですべてオンラインで完結

特P(とくぴー)は契約手続きもネットで行うため、月極駐車場経営の経験がないオーナー様も安心して始められます。

毎月固定の賃料収入の確保

特P(とくぴー)は毎月の収入が変動する時間貸しと比較し、月極なら安定的な固定収入が見込めます。

インターネットでの高い集客力がある

特P(とくぴー)はサイト訪問者は月間100万人を超え、高い集客効果につなげています。
NAVITIMEと日本二輪車普及安全協会の2サイトと連携しています。
双方から特P(とくぴー)の予約が可能で、駐車場の利用機会の最大化を図っています。

特P(とくぴー)のオーナー様には開業時に無料の集客ツールをお送りしています。

駐車場に掲示いただくことで、周辺域に駐車場の存在をアピールでき、利用者への目印にもなります。

特P(とくぴー)の登録の流れ

①オーナー情報と駐車場登録(登録無料)
特P(とくぴー)の登録フォームからオーナー情報と貸し出しする駐車場情報を登録します。

②駐車場の写真撮影
掲載用の駐車場写真を撮影いただき、特P(とくぴー)に送付します(メール送信で可能)。
登録の際、下記の画像4点が必要となります。
※画像は最大8枚まで掲載できますので、壁車場の場所が分かりずらい場合は周辺写真を多めに撮影してください。

③特P(とくぴー)(時間貸し)登録完了・掲載スタート
特P(とくぴー)の管理画面にて駐車場情報の入力と駐車場の写真加工を行います。
その後、完成した予約画面をご確認して、OKであれば開始となります。

④特P(とくぴー)掲載後
時間貸し駐車場に予約が入ると特P(とくぴー)よりオーナー様にメールでお知らせします。
利用料は月末締め、翌月末払いで指定の銀行口座に振込みがされます。

会社案内

■社名
株式会社アースカー(EarthCar Co.,Ltd.)

■設立
2009年12月24日

■所在地
〒100-6224 東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内24F
TEL:03-6812-2288(代表) FAX:03-3211-3311

■代表者
代表取締役社長 遠藤 昭二

■資本金
1億円

■主要株主
株式会社ISホールディングス

■事業内容
・カーシェアリング事業
・駐車場シェアリング事業
・プラットフォームシステム開発事業

■許認可番号
東京都公安委員会 第301011607146号

Q&A

Q:駐車場を貸したいのですがどうすればいいですか?
A:こちらから手順にしたがってご登録ください。
事前に駐車場の写真や寸法が分かると、登録が大変スムーズです。もし無くても後から更新することができますのでご安心ください。

Q:駐車場の利用料金はどのように決めているのですか?
A:料金はオーナー様ご自身で自由に設定が可能です。
利用される方のことを考え、周辺のコインパーキング相場より安めの料金設定を推奨しております。
料金設定画面に参考価格を表示しておりますので、初めての方はそちらを参考に設定をされています。
最終的に弊社運営管理部門にて承認されたものが、特Pサイトで貸し出しされます。

Q:イベント日は特別料金で貸し出せますか?
A:可能です。料金は「平日」「土曜日」「日曜日」「祝日」ごとに設定できるほか、日にちを指定して料金を設定することもできます。

Q:駐車場登録は無料ですか?
A:駐車場のご登録は無料でご利用いただけます。

Q:短期間の貸出は可能ですか?
A:1日単位で貸出可能です。
駐車場が空いた時だけ、オーナー様の都合に合わせて貸し出すことも可能ですので、ご興味がございましたら、こちらまでお問合せください。

Q:登録ができない場所はありますか?
A:バイク1台分または車1台分のスペースがあれば、貸出可能です。
まずはこちらまでお問合せのうえ、ご相談ください。

Q:駐車場管理会社をしているものですが、土地オーナー様から管理を委託してされております。
その場合、駐車場を特Pとして登録することは可能ですか?
A:登録可能ですが、事前に土地オーナー様への確認が必要な場合がありますので詳しくはお問合せください。

Q:利用できる車両を
制限することは可能ですか?
A:可能です。駐車場登録の際に、車種やサイズを指定して登録してください。

Q:駐車場の設備を壊されてしまった場合はどうすればいいですか?
A:損傷個所を撮影いただいたうえで、ご連絡ください。

Q:利用料金はいつ入金されますか?
A:月末に売上を計算し、オーナー様がご指定いただいた金額を超えた場合、翌月末にお振込致します。
オーナー様がご指定いただいた金額を超えなかった場合は、翌月に繰り越しされます。
※振込手数料については、オーナー様負担となります。

Q:駐車場登録から貸出までにどのくらいの時間がかかりますか?
A:登録フォームでお申し込み後、内容確認のご連絡をいたします。最短当日で開業可能です。

Q:駐車場登録に必要なものは何ですか?
A:開業までに下記の3点が必要となります。事前にご用意いただけると開業がスムーズです。
(1)駐車場写真:「全体写真」「駐車場写真」「周辺写真」の3種類
(2)駐車場図面:敷地内で駐車場の位置が分かる簡単な図面でOK(弊社で清書します)
(3)駐車場サイズ:「長さ」と「幅」は最低限お知らせください
※ご不明点がありましたらご連絡ください。

Q:日本全国どの地域でも登録可能ですか?
A:登録可能です。

Q:月極契約が決まった場合は、すぐに特Pを閉鎖できますか?
A:ご予約が入っていない場合につきましては、即日閉鎖のご対応は可能です。
ご予約が入っている場合は、ご予約日以降の閉鎖が最短となります。

シェアリングとは

シェアリングとは、使われていないモノや労働力を、時限的に市場に出して共有するサービスです。
そもそも「シェア(共有)」には、2つの意味合いがあります。

1つめの意味は「モノを個人間でシェアする」という意味です。
カーシェアや衣料のシェアサービスなどはこの意味合いに含まれるサービスです。

2つめの意味は「労働力をシェアする」という意味です。
企業の利用が進むクラウドソーシングは、仕事を発注したい企業と受注したい個人とをマッチングです
これは、個人が後数の企業のために働くことによって実現しています。
企業側から見ると「労働力がシェアされている」といえます。

シェアリングの代表例には、民泊(宿泊施設を個人間で貸し借りすること)の市場を開拓折したアメリカのAirbnbがあります。
Airbnbは「部屋を貸したい個人」と「部屋を借りたい個人」をつなぐ仲介役としてサービスを展開しています。

他にも、ライドシェア(一般人のドライバーが空き時間を使って、自家用車で乗客を運ぶサービス)を仲介するUberやLyftもシェアリングの代表例です。
これらのビジネスはすべて、上記で解説した「モノの個人間シェア」や「労働力のシェア」という側面を持っています。

Alibnbが市場に根付いた背景には、ホストとゲストがお互いに個用できるシステムを作り上げたことがあります。
ゲストは「部屋が事前情報通りであったか」やはストの対応」などを評価します。
一方、ホストは「ゲストの部屋の利用にあたっての行動や振る舞い」を評価します。

また、総合評価やキャンセル率などの酸数の条件を満たしたホストを「スーパーホスト」として認定することで、信頼性をわかりやすく表現することに努めています。
結果として、ゲストは場所や設備、価格など以外に、レビュー(ホストに対する評価)を見て部屋を予約します。

一方で、ホストは評価の低いゲストの宿泊を拒否することもできます。
加えて、同サービスを利用するには、実名と住所、もしくは公的機関発行の身分証明書(運転免許証、パスポートなど)のいずれかによる本人確認がAirbnbによって求められる場合があります。
これもホストとゲスト双方の信頼性を高める仕組みの1つになっています。

シェアリングの背景

シェアリングは、2008~09年頃にはじまったとされています。
この時期、SNS (Social Networking Service)の利用が一段落し、ネットサービスの利用において実名主義が普及しました。

また、本人確認技術の向上や位置情報サービスの発展、高速通信技術の普及もあり、いつでもどこでも、個人間で必要なものを共有できる環境が整いました。
加えて、クラウドサービスが普及したことにより、シェアリング・ビジネスを手がけようとするベンチャー企業でも、システムのキャパシティ拡大が容易になりました。
このような背景もあり、現在、シェアリングは、私たちの生活に根付くようになってきたのです。

Airbnbは、宿泊のための部屋(空室)の貸し借りの仲介を行う企業です。
2008年にサンフランシスコで設立された同社のWeb サイトには、2020年8月時点で、全世界の約190の国と地域において、約600万件の宿泊先(リスティング数)が登録されています。

登録宿泊先数では世界一の宿泊サービスといえます。
ゲストが支払う宿泊費はAirbnbに振り込まれ、同社が15%程度の手数料を引いた後、残りの宿泊費がホストに支払われます。

Airbnbのもともとのコンセプトは「ホームシェア」であり、当初はホスト(個人)自分の家の空室をゲストに提供する個人間取引の仲介サービスとしてはじまりました。
現在は、ホストが住んでいない家や宿泊用に購入された物件も登録されています。

シェアリングの落とし穴

シェアリングの落とし穴の1つは、上述した信頼性・信用性の問題に起因した、企業のブランド力の低下です。
また、民泊では、利用者による騒音やゴミ出しルールを守らないことなどによる住環境の悪化が指摘されています。

こういった市場メカニズムでは自動的には解決できない外部不経済の問題がシェアリングにはつきまといます。
何か大きなトラブルが起こった際に、適切な対応を取らなければ、一気にサービスに対する信用度を失うことがあります。

もう1つの落とし穴は、需給バランスの改善です。
ホテルや駐車場、タクシーのように、現時点では資産や労働力の需給バランスが崩れているものがあります。
環類の変化や事業者の努力、政策などによって結給バランスが安定した場合、シェアリング・ビジネス自体が成立しなくなるケースもあります。

mame22i-13をフォローする
特Pを導入する方法は?駐車場を貸出方法を解説してみた!
タイトルとURLをコピーしました